SFCのみんなへ

こんにちは。そして、お久しぶりです、ミスターSFC2014の猿田真一郎です。先月でこのキラキラした世界からは完全に身を引いたつもりなので、今となってはもはや名乗るのがおこがましいくらいなのですが、、笑皆さんに是非知って欲しいこと・協力して欲しいことがあるので、発言力を借りて久々に記そうと思います。皆さん、慶應大学に全塾協議会という塾生を代表する"生徒会"があることをご存知ですか?知らないよね。ぼくも知らなかったもん。その生徒会長を決める選挙が4/20~4/24に行われるのですが、皆さんほとんど関心が無いでしょう。でもね、結構大問題なんですよ。まず、全塾協議会というのは塾生代表を担う組織であり、唯一学校側と対等に交渉できる機関であるということ。普段SFCで生活していて、困ることたくさんありますよね。バス列問題、履修のこと、休学費問題、色々。全てを解決できるというわけではないけれど、個人で学事に行ってもどうにもならないことを、全塾協議会なら交渉できるチカラを持っているんです。でも、投票率が低過ぎて学校側に完全に舐められている。昨年度の投票率は、全塾で10%を切り、組織としての機能を果たしていないのです。更に、SFCに至ってはたったの101票。SFCには総環合わせて5000人近くいるのに、たった101票ですよ。ちなみに、ぼくも恥ずかしながら今まで投票に行ったことはありません。知らなかったし、関心も無かったから。更に大きな問題があります。全塾協議会の運営費として、学費を納める際に"自治会費"という税金のようなものを、全学生が1人750円納めています。この自治会費の収入額は年間で2100万円。塾生の代表である生徒会は、このお金を自由に割り振ることができます。さて、この2100万円のうち我々SF続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』